「INDD 2014」+「dot-Ai 2014」

フォローアップ

ID/パスワードはフォローアップメール002でご案内しています。フォローアップメールが届いていない方は、お気軽にご連絡ください。

INDD + dot-Ai 2014 フォローアップ

参加を見逃した方は、ビデオ参加をご検討ください。

ビデオ参加

次のブログで取り上げていただきました。ありがとうございます。

メールアドレス変更

当日ご案内しましたように、hotmailで登録されている方でメールが届かない方は、代替のメールアドレスをお知らせください。

変更する

開催概要

イベント名 INDD + dot-Ai 2014
テーマ 文字と組版
日時 2014年10月18日(土)13:30-18:30
会場 ベルサール九段 イベントホール
東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル3F
Googleマップ
定員 260名
主催 DTP Booster実行委員会
参加費
  • 7,000円(事前決済)
  • 8,000円(当日決済)
  • 4,000円(ビデオ参加)
出演
  • 鈴木 一誌
  • 尾花 暁
  • 丸山 邦朋(ものかの)
  • 大倉 壽子
  • 森 裕司(InDesignの勉強部屋)
  • 大日本タイポ組合
司会進行 鷹野 雅弘(スイッチ)
協賛 協賛のお申し出をお待ちしています。
協力コミュニティ DTPの勉強部屋大阪DTPの勉強部屋DTPの勉強会(東京)さいたまデザインDTP勉強会CSS Nite
協力 DTP TransitInDesignの勉強部屋、チュートリアルマニアックスsoramitama
Twitter
ハッシュタグは #idai2014 です。
Facebook Facebookでの本イベントページ
懇親会 イベント終了後、希望される方のみ近くのお店に移動し、懇親会を開催します(別途、実費。事前申し込みをお願いします)。

※企業名の「株式会社」などの表記は省略させていただいています。

最新情報

最新情報はTwitterをチェックしてください。

ツイート @indd_jp からのツイート

FAQもご覧ください。

各セッションの概要、講演者

次の内容で調整中です。内容や出演者は予告なく変更になることがあります。

基調講演「フォーマットをつくる」

本文設計=フォーマットは、書籍や雑誌デザインの核心である。フォーマットという舞台は、複数のページに統一感を与え、魅力ある変化をつくり出す。ではフォーマットを、InDesign上でどのようにつくればよいのか。

〈グリッド〉と〈プロポーション〉の概念を理解しながら、使いやすく実践的な本文設計を習得する。さらにテキストの構造化を見すえて、見出しのデザインや余白の演出を考察しよう。

鈴木 一誌(すずき・ひとし)

ブックデザイナー。グラフィックデザイナー杉浦康平氏に師事し、12年間アシスタントをつとめ、1985年独立。学生時代に見た鈴木清順監督作品「東京流れ者」に衝撃を受け、時間のドラマをブックデザインで表現できないかと模索。2001年よりデザイン批評誌『d/SIGN』を戸田ツトムとともに責任編集。映画や写真の批評も手がける。「ページネーションのための基本マニュアル」を1996年に発表。

編著書に『画面の誕生』(2002年)、『ページと力―手わざ、そしてデジタル・デザイン』(2002年)、『重力のデザイン』(2007年)、『「三里塚の夏」を観る』。共編著に『知恵蔵裁判全記録』(2001年)、『映画の呼吸 澤井信一郎の監督作法』(2006年)、『全貌フレデリック・ワイズマン』(2011年)、『1969 新宿西口広場』(2014年、太田出版)。

目的別文字詰め・文字組み、はじめの一歩

InDesignとIllustratorで組版を行う上での、テキスト関連の機能と、文字スタイル/段落スタイル。これらをどのように使うのが望ましいのか、自信を持てないまま制作されている方も少なくないと思います。

このセッションでは、より美しい組版や効率的な処理を行う足がかりとして[文字]パネル、[段落]パネル、文字スタイル/段落スタイルの機能やしくみを整理します。

森 裕司(もり・ゆうじ)

名古屋で活動するフリーランスのデザイナー。Webサイト「InDesignの勉強部屋」や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う「DTPの勉強部屋」を主催。

『速習デザインInDesign CS4』(技術評論社)、『InDesign逆引きデザイン事典』(翔泳社)、『InDesignの強化書』(マイナビ)」など、InDesignに関する著書・共著も多数。Adobeサイト内の「Adobe InDesign CS4入門ガイドBack to Basic」や「InDesign CS5.5でEPUBでの電子書籍作成にチャレンジ!」も執筆担当。

尾花 暁(おばな・さとる)

デザイナー。

出版系のデザイン・DTPをメインとするフリーランス。日々の作業で気がついたTipsなどをBlog「あかつき@おばなのDTP稼業録」にて公開中。

東京で開催している「DTPの勉強会」の主催者のひとり。

Illustrator/InDesign両刀遣いテクニック

「端物はIllustrator、冊子はInDesign」、そう言われることが多いですが、果たして本当にそうでしょうか?Illustratorが得意なこと、InDesignの方がラクなこと、それぞれの特徴を知ることで、実は今よりもっと効率的で直しに強いデータ作成ができます。

本セッションでは、テキスト・オブジェクト両方の面から、デザイナーがデータを作る上で、「知っていたら得する、いいとこ取りテクニック」をご紹介します。

大倉 壽子(おおくら・ひさこ)

司会、デザイナー、セミナー講師、舞台女優とマルチに活躍。

現在、アドビ システムズで、全製品を網羅しているスペシャリスト。PhotoshopやIllustrator、InDesignを始め、全国各地でアドビ製品を最新バージョンから、裏技まで常にユーザー目線で紹介。そのセミナーのテクニックは、様々なデザイナーのヒントになっている。非常にわかりやすいセミナーだと、定評有り。

脱EPS推進委員。

文字と組版をもうちょっと考える
〜コンポーザーや文字組みアキ量設定でなにが起こっているのか?

仕事(書籍や雑誌、チラシなど)によって文字の組み方は千差万別です。また、和文と欧文では文字の組み方やそのしくみは異なります。そのため、アプリケーションを使って文字組版を行うためにはアプリのしくみを知ることも必要です。

このセッションでは、「コンポーザー」や「文字組みアキ量設定」を取り上げ、これらの機能が文字組版にどのような影響を及ぼすのかを解説します。また、複雑な文字組版ルールがなぜ存在するのか?タイポグラフィとは何か?についても、文字と組版の面から考えてみます。

文字と組版で曖昧にされがちなことを一緒に考えてみましょう。

丸山 邦朋(まるやま・くにあき)

制作会社でDTP業務をしながら「こうすればもっと便利」をフリーウェアとしてブログ『ものかの』で公開。

文字っ子が高じて『DTP&印刷スーパーしくみ事典』の「日本語組版の基礎知識」、『+DESIGNING Vol.34』の「Glyphs Mini & OTEditクイックガイド」を担当。

スペシャルセッション:文字の周辺、文字の真ん中

文字をどう組むかの勉強はここではいったんお休み。そもそもその文字って何だろう? 文字そのものの面白さや、文字と言葉の関係などについて、大日本タイ ポ組合が文字と歩んできた20年ちょっとの出来事をお話します。文字の周辺を楽しみながら知ることで、その真ん中に立ち上がってくる文字そのものが、すこ しは違ってみえるかもしれません。

大日本タイポ組合

秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、 組み合あせ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。 文字通りモジモジしながら文字で遊んで21年。

ロンドン、 バルセロナ、東京にて個展を開催。 シンガポール、香港、韓国などでの企画展に参加。
2012年古堅まさひこと共に日本科学未来館にて「字作字演展」を 開催。TokyoTDC会員。

タイムテーブル

2014年11月3日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。

開始 ステージ 出演者
13:10 開場  
13:30 オープニング  
13:35 基調講演「フォーマットをつくる」 鈴木一誌
15:05 休憩  
15:20 目的別文字詰め・文字組み、はじめの一歩 森 裕司、尾花 暁
16:05 文字と組版をもうちょっと考える
〜コンポーザーや文字組みアキ量設定でなにが起こっているのか?
丸山 邦朋
16:50 休憩  
17:05 Illustrator/InDesign両刀遣いテクニック 大倉壽子
17:50 スペシャルセッション:文字の周辺、文字の真ん中 大日本タイポ組合
18:25 エンディング  
18:30 終了  若干、延長する可能性があります。  
18:45 懇親会開始(希望者のみ、別会場に移動します)
21:00 懇親会終了(途中退席可能)

お申し込み

INDDは有料イベントです。ご参加いただくには、参加登録と事前決済が必要です。

参加費(会場参加)

お願い

今回、少し複雑になっており恐縮ですが、割引コードの入力忘れなどがあるようです。お問い合わせいただければ対応いたしますが、その場合、次のようになってしまうことがあります。

お申し込みや決済の際には、金額などをご確認の上、お願いします。

特別割引

※過去のINDD、dot-aiに参加された方には、特別割引をご用意しています(詳細)。

過去にINDD、dot-Aiに参加された方向けの特別割引

過去にINDD、dot-Aiに参加された方向けの特別割引をご用意しました。

お申し込み手順

  1. お知らせメールからフォームに進んでください。お知らせメールは7月17日の夕方にお送りしました。届かない場合には、ご連絡ください。
  2. フォームから必要事項をご記入ください。
  3. 自動返信メールに割引コードを記載しています。
  4. お申し込みフォームで割引コードを入力してください。

注意事項:

よくある質問

参加できるか未定ですが、「割引コード」を申請してもよいですか?
はい、お気軽にどうぞ。
過去にINDD、dot-Aiに参加していない同僚もOKですか?
建前としてNGです。超早割(8月20日まで)、早割(9月20日まで)をご利用ください。
過去の参加者に割引コードを直接送付すれば済むことだと思うのですが…
おっしゃる通りですが、DTP系のギリギリまで参加申し込みされない方が多く、見込み数を把握したいために、このようなお手間をおかけすることをお許しください。
INDD、dot-Aiのほとんどに参加していますが、1回だけ参加された方との差別化はないのですか?
回数に応じて、ということも検討したのですが、オペレーション(受付、領収書など)が煩雑になってしまうため、一律とさせてください。
先ほど、5,000円の早割に申し込んでしましましたが、特別割引申請をしても大丈夫でしょうか?
はい。その場合には、先のお申し込みの方を決済せずに「時間切れ」(無効)にしてください。
早割と特別割引は併用できますか?
いいえ、割引は併用できません。

ビデオ参加について

ビデオ参加する

企画背景

本セミナーイベントは、過去に開催してきたINDDとdot-Aiの合同開催版です。

INDD

「INDD」(アイ・エヌ・ディー・ディー)は、ユーザー有志によって企画されているInDesignに特化したセミナーイベントです。

dot-Ai

「dot-ai」(ドット・エーアイ)は、ユーザー有志によって企画されているIllustratorに特化したセミナーイベントです。

FAQ

お問い合わせいただいたご質問にお答えします。

お申し込みについて

資料は当日会場で配布されるのですか? 資料は出力紙のみですか、PDFもありますか?
紙ベースでの配布資料は基本的にありません。イベント終了後に、PDFなどでのダウンロードをご案内します。セッションによっては、デモデータをダウンロードで提供します。

決済などについて

請求書を発行いただけますか?
PDFに限り、請求書を発行します。こちらのフォームからご連絡ください。
キャンセル規定について教えてください。
開催1週間前まではビデオ参加費を除いて返金します。
開催1週間を切ってのキャンセルの場合には返金いたしませんが、フォローアップ(動画)を共有します。
キャンセルフォームからご連絡ください。返金(お振り込み)は、イベント終了の翌週に行います。
 
領収書は発行されますか?
はい、決済方法にかかわらず、全員の方にお渡しします。イベント当日にお渡しします。なお、領収書の日付は、イベント当日になります。
個人で振り込みますが、領収書は会社宛に発行して頂きたいです。
個人/法人、PayPal/銀行振込に限らず、宛先無記名の領収書を、当日にお渡しします。
領収書の発行名は発行名は●●●(株)宛でお願いいたします。
領収書は無記名のものをお渡しします。必要であれば休憩時間に対応しますので、当日お申し出ください。
事前にいただいても対応できません。
参加できなくなった場合、ほかの人間に譲ってもいいですか?
はい。
誤って二重に申し込んでしまったようです。
キャンセルフォームからご連絡ください。手数料(500円)を除き、全額返金します。
懇親会のキャンセル規定について教えてください。

懇親会のキャンセルについて、次のようにお願いします。最初の休憩時間の終了にてお店に人数確定の連絡を行うため、それ以降のキャンセルの場合、参加されなくても費用が発生してしまいます。

タイミング 返金額
開演後、
1つめの休憩が終了するまで
3,000円
それ以降、終演まで 2,000円
終演以降 1,000円

なお、懇親会を決済されていて、当日参加されない場合にも同様です(つまり、ご連絡いただければ、後日返金いたします)。

ご参加当日について

受講票が見当たりません。忘れてしまいました。
とりあえず、会場にお越しいただき、受付にてご相談ください(受講票がないからといって追い返すようなことはありませんので、取りに戻ったりしなくてもOKです)。
懇親会に申し込みそびれてしまいました。参加できることになったので参加したいのですが...
当日の休憩時間に、懇親会の受付を行います。その際、当日枠を何名分か用意していますのでご相談ください。
机はありますか?
はい。
無線LANはありますか?
若干はご用意する予定です。
電源はありますか?
会場の両サイドにある電源をお使いいただいてOKですが、分け合ってお使いください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。また、ACアダプターにつまづいてPCが落下などされないように、くれぐれもお気をつけください(休憩中はコードをはずしておいたり、養生テープなどで固定された方がよいかもしれません)。
仕事のため、途中退席しなければなりません。
問題ありません。
遅刻してしまいそうなんです。途中で抜けなければなりません。
セッション中のご移動は、着席されている方の視界の妨げになりますのでお控えください(後部にて、次の休憩までお控えください)。

セミナーについて

ノートパソコンの持ち込みは可能ですか?
ご自由にどうぞ。ただし、電源は限られていますので電源タップなどを分け合ってお使いください。
なお、若干ですが、無線LANをご用意する予定です。
録画された動画はwmv形式などのファイルでいただき、後で繰り返し見ることはできますか?
基本的にストリーミングで閲覧いただくカタチを考えています。
受講票はいつ送られてきますか?
セミナー開催日の1週間前くらいにメールにてお送りします。
セミナーが中止になったときには?
主催者都合のよる中止のときには、全額返金いたします。延期の場合には希望される方には返金いたします。なお、天災による中止(や延期)の場合には、会場費などの支出費用を差し引いた上で返金いたします。
受付はどのように行われますか?
メールにてお送りする受講票をプリントアウトしてご持参ください。

お問い合わせいただいた内容へのご返信(2014年7月以降)

メールの案内では予定人数が260名とあり、過去の開催と比べるとかなり少ない人数の募集となっています。申し込みは先着順で受け付けされるのでしょうか。
はい。
懇親会の予定も早めにお知らせくださいませ。
イベント終了後、希望される方のみ近くのお店に移動し、懇親会を開催します(別途、実費。事前申し込みをお願いします)。
先ほど、5,000円の早割に申し込んでしましましたが、特別割引申請をしても大丈夫でしょうか?
はい。その場合には、先のお申し込みの方を決済せずに「時間切れ」(無効)にしてください。その上で改めてお申し込みください。
複数人でお申し込みできますか?
はい。決済後、実際に参加される方の「お名前、ふりがな、メールアドレス」をお知らせください。
社内で3名参加したいと考えています。過去に参加したのが2名。残り1名は初参加です。この場合はどうすればよいですか?
厳密には、別々にお申し込みいただきたいのですが、まとめて過去の参加者としてお申し込みくださっても結構です。
「InDesignはあまりさわっていません」「スタイル機能はほとんど使っていません」が、楽しめますか? どの程度のレベルを想定されていますか?
スタイル機能のおさらい的なセッション(『テキストとスタイル機能を整理する』)をご用意していますが、前提知識があるほど、お楽しみいただけると思います。現時点でさわっていない、ということでしたら、少しでも予習的なアクションを取られることをオススメします。

シェア

ブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

INDD 2014 (幅150ピクセル×高さ150ピクセル)

協賛

協賛のお申し出をお待ちしています。

最新情報