リンク更新の判定基準のロジックについてです。とあるファイルサーバに使用しているシステムで奇数秒のファイルが偶数秒に丸められるのですが、InDesignCS3以前は、±2秒の余裕があって、リンク更新の表示は出ませんでしたが、InDesignCS4以降は、±1秒でも差分があったら、リンク更新と判定されます。InDesignをバージョンUPしてから、修正作業の際に、ダイアログが頻繁に表示されるようになり、あきらかに不便になってしまいました。

CS3以前のような判定に戻すオプションが欲しいです。ファイルサーバを変更するのは、金額的に厳しいもので…

ドキュメント埋め込み型スクリプト。 (テキスト変数にスクリプトを利用できるようにする?) たとえばその場所のページの前ページのノンブルを表示とか、 12ページごとに1に戻る番号とか、 あるセルに文字が入っていれば、そのセルを赤くする、等々……。 機能として埋め込むには複雑すぎる要件を、 スクリプトを書いて、テキスト変数にそれを埋め込んでおけば可能になるとか そういうものが欲しいです。

こちらでも取り上げられているInDesign CS5.5でPDF/X-1a書き出しすると、裁ち落とし部分にかかっているオブジェクトがずれたり、ほかのマスターページのオブジェクトが混入したり、という現象、治っているのでしょうか? CS6では大丈夫??

x1a-error.jpg

合成フォントの作成・編集のUIを改善してほしいです。

合成フォント名の自由度も上げてほしいです。 読み込み・書き出しの自由度も上げてほしいです(たとえばドキュメント上にある複数の合成フォントから指定した分だけ読み込み・書き出しできるようにする etc...)。

投稿者:sata_cr

Acrobatの注釈機能との連携がほしい。 InDesignから書き出したPDFに注釈を入れてもらってPDF校正を進めていますが、PDFで注釈の付いた部分を目視したあと、InDesignのレイアウトに目を移し、注釈の付いていた部分をInDesign上で探して作業をする、という繰り返しです。

これは、校正紙が、ディスプレイに表示されているか、紙で目の前にあるかの差くらいしかなく、デジタルであることの優位性はまったくありません。これでは、やっていることはアナログ時代と何ら変わりません。

Acrobatの注釈を追う機能がバカすぎで、InDesignからのPDFなのにレイアウト上のテキストの流れをまったく考慮できないので、注釈を追う視線がページのあっちにいったりこっちにいったりして、むしろPDFでの校正ではミスが多くなる可能性すらあります。

Acrobatには注釈のみを送信する機能があり、その注釈データを受け取った側のPDFに反映させられます。その注釈データを、InDesign側に読み込む機能があれば、非常に便利になるのではないかと思います。

投稿者:ジーコ

このサイトは?

このサイトは、2012年7月20日に開催されるINDD 2012 Tokyoの「全員参加型!? 私のアナタの欲しい機能」セッションの事前アンケートとして、投稿いただいたものをトピックとして掲載しています。

数として見えるカタチになれば、より実現される可能性が高まります。各トピックごとに投稿やコメントをお願いします。

ここに載っていないことを投稿したい、という方はこちらのフォームからお願いします。

INDD 2012 Tokyo(InDesignユーザーの祭典)