#43:文脈依存アドバイザーのグラフィカル実装

新バージョンが出るたびに複雑化するInDesignのソフトウェア設計や組版設計を、ソフトウェア側から提示してユーザーに伝える「文脈依存アドバイザー」機能の実装を希望します。

詳細は以下URLにて:

このサイトは?

このサイトは、2012年7月20日に開催されるINDD 2012 Tokyoの「全員参加型!? 私のアナタの欲しい機能」セッションの事前アンケートとして、投稿いただいたものをトピックとして掲載しています。

数として見えるカタチになれば、より実現される可能性が高まります。各トピックごとに投稿やコメントをお願いします。

ここに載っていないことを投稿したい、という方はこちらのフォームからお願いします。

INDD 2012 Tokyo(InDesignユーザーの祭典)